貯水槽清掃 | 貯水槽の清掃、ポンプ故障は、京都の株式会社リペアシステムへ。

Contents

  • 貯水槽清掃
  • ポンプ交換
  • ポンプリース
  • 事業内容
  • 施工実績
  • お問い合わせ
  • ホーム

Contents


貯水槽清掃

給水設備は建物の前面道路に埋設された給水本管から上水を受け入れ、建物使用者が必要な時に衛生的な水を十分に使えるようにするためのものです。

マンションやビルなどに設置されている水道メーター(親メーター)から貯水槽、末端水栓までの設備は所有者や管理者の責任で水質を管理しなくてはいけません。

貯水槽を使用した施設は衛生管理が不十分であると、水が汚染され重大な健康障害につながります。安全な水道水の確保には定期的な清掃消毒作業や水質検査等、適正な管理が必要です。

貯水槽は有効水量10以上の大きさは簡易専用水道と呼ばれ「水道法第34条の2」や条例などにより年1回以上の貯水槽内の清掃消毒と水質の検査が義務付けられています。

10以下の水槽も年1回以上の槽内の清掃消毒と簡易専用水道の法に準じた維持管理が求められています。

知事登録である「建築物飲料水貯水槽清掃業」を登録、健康検査を受けた作業員により貯水槽内部の清掃を行っています。

貯水槽清掃は信頼と実績のある当社へお任せ下さい。

飲料水には残留塩素が含まれています。末端の水栓(水槽から1番遠い)で残留塩素が検出されれば(管理基準は0.1mg/L以上)一般に細菌に汚染されていないと考えられます。

貯水槽清掃前

<貯水槽清掃前>

貯水槽清掃後

<貯水槽清掃後>


受水槽のみ 基本料金 +(容量×単価)
\33,000 +(□×\400)=
受水槽と高架水槽 \38,000 +(□×\400)=

注)一槽式パネルタンク地上設置の場合

例1)受水槽 15 清掃の場合

   \33,000 +( 15 × \400 )

   = \39,000

例2)受水槽 20 + 高架水槽 5 清掃の場合

   \38,000 +( 20 × \400 )+( 5 × \400 )

   = \48,000

  • 水質検査料(新ビル管法10項目)
         (15項目や消毒副生生物などの検査は別途お見積いたします)
  • 1検体 \8,000(貯水槽清掃作業時の採水に限る)

ページのトップへ

貯水槽点検について

簡易専用水道の検査項目に水槽周囲の環境や水槽の構造などの規定があります。

  • 水槽本体の劣化、通気管、溢水管の防虫網の状態、水抜管の設置状態、水槽上部に不衛生なものが置かれていないか、汚水管などが通っていないか、内部の汚れや水が滞留していないか、マンホール、扉が施錠されているかなどを点検します。
  • 併せて流入管の状態、定水位弁やボールタップ、電極棒などの劣化状態も点検します。

施工前

<施工前>

高圧洗浄後

<高圧洗浄後>


遮光塗装

<遮光塗装>

施工後

<施工後>


  • 屋外設置の場合 紫外線により劣化が進みガラス繊維が浮き出てきて飛散し不衛生であり、光の透過率も高くなり貯めてある水の汚染にもつながる
  • 衛生、タンクの延命、美観のために塗装を
  • 水槽本体の寿命はおおむね20年から35年

ページのトップへ