ポンプ交換 | 貯水槽の清掃、ポンプ故障は、京都の株式会社リペアシステムへ。

Contents

  • 貯水槽清掃
  • ポンプ交換
  • ポンプリース
  • 事業内容
  • 施工実績
  • お問い合わせ
  • ホーム

Contents


ポンプ交換

揚水、排水、熱源などの循環、加圧給水などのポンプがありますが運転時間が長く故障の多い加圧給水ポンプの交換や整備時期について

設置してから7年~12年で故障することが多くなり周囲への影響や費用の面でも大きな損害になってしまいます。

突然の給水ポンプの故障を未然に防ぐ「予防保全」を行うことで安定した給水設備を維持することができます。

ポンプユニットはおおまかに設置して5~7年でオーバーホール10~13年くらいでユニットを交換というのが平均的です。

しかし設置環境や使用状況、部品の劣化を放置したことにより設置後3年で交換したという例もあります。

代表的な消耗部品としてメカニカルシール、アキュムレータがあり、メーカー推奨交換時期もメカニカルシール1年、アキュムレータ3年と短く、そしてポンプユニットの寿命に大きく関わる部品であり管理が欠かせません。

1年に1回、できれば6ヶ月に1回程度の間隔で点検することが最適といえます。

貯水槽清掃後

電装部品

(電磁接触器、フロートレススイッチ、基盤)

各部品のメーカー推奨期間は

電磁接触器 3年
圧力センサー 5年
圧力スイッチ 3年
流量スイッチ 3年
リレー 3年
基盤 5年

  • オーバーホール時には ベアリングとメカニカルシール、電磁接触器、アキュムレータを交換します(状況により逆止弁)
  • ポンプユニットの交換には4~8時間の断水が必要

ポンプ交換前

<給水ポンプ交換前>

ブレーカーを遮断し電圧を確認してから撤去作業開始

ポンプ交換後

<給水ポンプ交換後>

エアを抜いて起動停止の運転確認をします


新品ポンプユニット

<新品ポンプユニット>

ポンプと制御盤、アキュムレータ、逆止弁が一体になっています

アキュムレータ

アキュムレータ(矢印)中に空気の層があり、圧力を貯めてポンプの起動回数を少なくしたり、起動時の衝撃を吸収する役割があり寿命に大きく影響します。



ページのトップへ